【小ネタ】偽りのパトロネージの隠し画面

概要

venoroa1358です。

この記事ではinfinity-Sによるノベルゲーム「偽りのパトロネージ Patronage of Deceit」のタイトル画面から遷移可能な隠し画面について紹介します。

条件

ふりーむまたはGoogle Playストアから入手した「偽りのパトロネージ」本体を実行できるようにしていること。

ゲームクリア前でも実行可。

方法

タイトル画面において、画像の赤い部分をクリックするだけです。
濃い青色の模様の左半分を目安にするといいでしょう。

偽りのタイトル画面

PCよりも難易度は高いですがAndroidの場合も同様です。開発者向けオプションから、ポインタの位置のオーバーレイ表示を有効にすると少しやりやすくなるかもしれません。


余談

  • 同じ操作を繰り返すと…?
  • 正式版が何を意味するかは不明。どこかで販売されていたのだろうか…
  • この画面の存在と遷移方法はYet Another nsdecでnscript.datを覗いている時に知りました。
  • nscript.datは元のシナリオファイル(00.txtから99.txtまで)を結合したものにXOR暗号を適用して作られています。オープンソース版NScripterとも言えるONScripterの当該処理のソースコードを覗くと、次のようになっています。 
ONScripterのnscript.datデコード処理
  • 二度目以降の演出を最後まで見てしまうと一度目の演出を見ることはできなくなります。しかし、nsdecで復号化したファイルの9286行目付近に次の記述を追加すると、一度目の演出と二度目の演出を交代で見られるようになります。
mov %develop,0
  • 需要は謎。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です